産経市民の社会福祉賞

第43回(平成29年度)

第43回産経市民の社会福祉賞 表彰式が行われました。

第43回産経市民の社会福祉賞 表彰式開催されました。

第43回産経市民の社会福祉賞の表彰式が、11月20日、大阪市北区の新阪急ホテルで開かれました。参加者は招待者を含め約100人。受賞者は和歌山県から1団体、大阪府から1団体、兵庫県から1団体。7人の選考委員を代表して、ボランタリズム研究所所長の岡本榮一氏が「活動の課題性・継続性・ユニーク性を審査の尺度としてこの3団体を選出した」と、講評を述べた。

表彰式に続いて行われた活動報告会では大阪教育大学の新崎国広教授のコーディネートにより、受賞3団体が、活動内容を報告し、それぞれの課題や夢を語り合った。
歴代の受賞者も集まった交流交歓会では、和やかな雰囲気の中、情報交換などが行われた。

■受賞者は以下の通り

ページトップにもどる