産経市民の社会福祉賞

第42回 産経市民の社会福祉賞

第42回「産経市民の社会福祉賞」表彰式開催

第42回「産経市民の社会福祉賞」表彰式開催

第42回「産経市民の社会福祉賞」の表彰式が、11月21日、大阪市北区の新阪急ホテルで開かれました。参加者は招待者を含め約80人。受賞者は大阪府の2団体、京都府の1団体。7人の選考委員を代表して、アクティブライフ研究所所長の大國美智子氏が「最近の社会的課題として、生きにくい子供たちの教育やそれらに悩む親への支援・公的な支援があってもそれらを利用できない人への支援の在り方を議論した」と、講評を述べた。

表彰式に続いて行われた活動報告会では産経新聞大阪本社編集局編集委員である石野伸子氏のコーディネートにより、受賞3団体が、活動内容を報告し、それぞれの課題や夢を語り合った。
歴代の受賞者も集まった交流交歓会では、和やかな雰囲気の中、情報交換などが行われた。

■受賞者は以下の通り

ページトップにもどる