産経はばたけアート公募展

産経はばたけアート公募展の趣旨

 一瞬の間に見た情景をそっくりそのまま再現したり、形の後ろからもえたつ陽炎を感じて魂のほとばしりを色にする人、折込広告の裏や段ボール紙など手近にある材料に細密な線や大胆な模様を刻む人、小さな点を黙々と塗りつぶし、巨大な像を結ぶ人。いま、日本のアートシーンには、驚くべき才能を抱えたひとたちがその片鱗を見せつつあります。
 こうした作品群はフランスの画家、ジャン・デュビュッフェによって「アール・ブリュット」=生(き)の芸術=と名付けられ、スイスのローザンヌには、彼のコレクションを収蔵した美術館もあります。こうした作品群は伝統的な、あるいはアカデミックな絵画手法にとらわれない作品として位置づけられ、「アウトサイダーアート」とも呼ばれています。
 海外ではすでに大勢のフアンもいて、画商による取引も行われています。そして、日本のこの分野の作家たちに注目が集まり、日本人の作家による作品も、広く紹介されるようになってきました。ただ、こうした日本人作家たちの多くは、障害者施設で活動を続けているケースが多く、その作品の価値が正当に評価されるチャンスに恵まれていない状況にあります。
 こうしたアーティストたちの作品を広く紹介し、多くの人たちに作品の素晴らしさを実感してもらうために平成19年に第1回「産経はばたけアート・フェスタ」(主催=産経新聞社、連合産經会、産経新聞厚生文化事業団)を開催。その後も、毎年1回秋に公募展を開いています。作品展をきっかけに、障害のあるひとがアートをはじめとする創作活動への意欲を燃やすきっかけとなり、大きくはばたいてもらいたいと願っています。また、フアンの拡大、サポートの輪が広がって、作家たちの活動環境が高まっていくことも大切です。多くの方々のご理解とご協力をお願い致します。

応募について

応募要領(平成28年度実施による)

応募資格

障害のある個人の方で、自薦・他薦を問いません。障害者手帳の提示は求めません

作品規格

● 作品は、水彩、油彩、版画、クレヨン・パステル画、貼り絵、切り絵、色鉛筆、墨絵テキスタイルなどの手法とします。(写真審査により判断する場合があります)
● 素材は、画用紙、キャンバス、和紙、布、板とします。金属など重量物は不可
● 平面作品(壁面にかけることを想定した作品)だけとし、サイズは最大、画用紙の半切サイズ(縦76cm×横55cm)まで。

応募方法

1人3点以内。作品は未発表のものとします。
第1次審査は写真で行います。写真の裏に指定の応募様式で氏名、タイトル等を記入して、下記の事務局へお送りください。
写真サイズはサービスサイズ(7.5cm×10.5cm)程度とします。

応募用紙 応募には所定の応募用紙が必要です。 応募用紙ダウンロード (PDF)
応募受付期間

9月30日(金)締切り ※必着

審査·審査結果
発表日程

1次審査=平成28年10月上旬
2次審査=平成28年10月下旬

展示

優秀作品は産経新聞紙面で紹介、賞状と副賞を贈呈。大賞・優秀賞・佳作の受賞作品は、「産経はばたけアート公募展2016」(11月5~6日)
大阪市北区梅田2丁目「ブリーゼブリ-ゼ 1階メディアコート」で展示

応募·問い合わせ先

〒556-0017 大阪市浪速区湊町2丁目1番57号 産経新聞開発
「産経はばたけアート公募展 2016」係 
電話06-6633-6834 (平日10時~17時)

選考委員

篠 雅廣   大阪市立美術館館長
はた よしこ アートディレクター
服部 正   甲南大学 准教授
藤浦 淳   産経新聞社大阪文化部長

ページトップにもどる