募金活動

募金活動

ご協力ありがとうございます

 事業団では、支援を必要としている人たちを支える活動に助成金を贈っています。障害者や青少年の芸術・創作活動やスポーツの振興、里親や母子福祉事業といった社会福祉活動をはじめ、先天性心臓病などに苦しみながら経済的な事情で手術を受けることができない子供たちを救う事業など多彩な分野を対象としています。
 寄付口座は、目的により以下のように分かれています。 ご寄付いただく際はどんな目的にいかすか振替用紙の備考欄に明記のうえ、それぞれの口座に振り込んでいただきますようお願いします。お名前を紙面でご紹介させていただきます。

納税者が国や地方公共団体、特定公益増進法人などに対し、「特定寄附金」を支出した場合には、所得控除を受けることができます。これを寄附金控除といいます。なお、政治活動に関する寄附金、認定NPO法人等に対する寄附金及び公益社団法人等に対する寄附金のうち一定のものについては、所得控除に代えて、税額控除を選択することができます。

詳しくはこちらをご確認ください。

国税庁‐No.1150 一定の寄附金を支払ったとき(寄附金控除)

■社会福祉一般&歳末助け合い

 活用例:産経市民の社会福祉賞(福祉活動を続けているボランティア団体の顕彰)
     産経はばたけアート公募展(障害者の創作活動の振興)
     福祉団体の活動支援(里親事業、障害者スポーツ指導者養成、母子生活支援施設、特別支援学校・学級の児童生徒作品展などへの助成)

(振込み先)

通信欄に「社会福祉一般」または「歳末助け合い」とご記入ください。

郵便振替口座 00960 - 9 - 25723
名義 社会福祉法人 産経新聞厚生文化事業団
住所 〒556-8660 大阪市浪速区湊町2-1-57 難波サンケイビル
電話 06(6633)9240

■青少年育成基金

 活用例:

 ① 母子家庭を支援するための啓発、助成を行う事業

 ② スポーツ及び芸術活動等を通じての青少年を対象とした青少年健全育成事業

 ③ 児童並びに青少年を対象とする「健全育成のための事業」への助成を行う事業

 ④ 児童並びに青少年を対象とした就学支援、生活支援等のための助成を行う事業

 ⑤ 災害時における、児童並びに青少年を対象とした緊急生活支援等事業

 ⑥ 児童養護施設で暮らしながら大学・短大・専門学校への進学を決めた児童の在学期間中の学資を支援することができるものとする。支援額及びその方法については、対象児童及び進学する教育機関と十分に協議調整して支援を実施するものとする。

(振込み先)

通信欄に「青少年育成基金」とご記入ください。

郵便振替口座 00960 - 9 - 25723
名義 社会福祉法人 産経新聞厚生文化事業団
住所 〒556-8660 大阪市浪速区湊町2-1-57 難波サンケイビル
電話 06(6633)9240

■しあわせ基金

 事業団が能勢町で運営してきた知的障害者更生施設「三恵園」が老朽化し、池田市内に障害者支援施設「三恵園」として移転・建て替えることになった際、建設支援を訴えて平成13年末に発足。園開設後は、当事業団の施設の活動に生かさせていただいております。 

(振込み先)

通信欄に「しあわせ基金」とご記入ください。

郵便振替口座 00980 - 6 - 57351
名義 社会福祉法人 産経新聞厚生文化事業団
住所 〒556-8660 大阪市浪速区湊町2-1-57 難波サンケイビル
電話 06(6633)9240

■明美ちゃん基金

 明美ちゃん基金は、先天性心臓病などに苦しみながら経済的な事情で手術を受けることができない子供たちを救うため、産経新聞社が提唱して設立された基金です。活動資金はすべて読者を中心とする一般の人たちからの寄託金でまかなわれ、50年以上にわたり、200人を超える幼い命を救ってきました。

詳しくはこちらをご覧ください。

明美ちゃん基金

(振込先)

【口座名義】 産経新聞厚生文化事業団 明美ちゃん基金

≪東京≫
ゆうちょ銀行
振替口座 00960-1-313874
みずほ銀行東京中央支店
普通口座 567941

≪大阪≫
ゆうちょ銀行
振替口座 00920-4-333518
三菱UFJ銀行堂島支店
普通口座 4535010
りそな銀行堂島支店
普通口座 6202543

ページトップにもどる