お知らせ

TOPICS一覧

その他

産経新聞厚生文化事業団本部

はばたけアート公募展の大賞受賞者の作品、お菓子のパッケージに

2015年12月14日

「はばたけアート公募展2012」の大賞受賞作品が大賞受賞作品が、シカからとったスープを粉末化し、調味料に使ったお菓子のパッケージになりました。

急増するシカによる農作物の被害対策の一つとして、シカ肉食の普及を行う「愛deer料理教室」が、多くの人にシカ肉料理になじんでもらえるようにと新しいお菓子を開発しました。世界でも珍しい、シカのブイヨンで味をつけたポテトチップス「しかぽてち」です。

その「しかぽてち」のパッケージを飾っているのが、「はばたけアート公募展2012」の大賞受賞者の平野善靖さん(障害者施設YELLOW Co.の利用者)の作品。2012年に作品タイトル「シカ」で大賞に輝いた平野さんの作品集の中から、ポップな色づかいの3点が採用されています。

「シカのすべてを価値あるものに」を合言葉に、「命の生かし方を考えてもらうきっかけに」と開発された「しかぽてち」。はばたけアート公募展が、すてきな出会いのきっかけになったことに感謝です。

ページトップにもどる