slide_01L
たんぽぽの家
slide_01L
ミュージックケア
slide_01L
箕面公園までハイキング
slide_01L
洗車中
slide_01L
油絵作成中
slide_01L
ねこトラ市場
slide_01L
タオル作業
slide_01L
太鼓教室
slide_01L
大豆仕分け作業
slide_01L
油絵 『阪急電車』  浪速郵便局長賞を受賞しました
slide_01L
革製小物

障害福祉サービス事業所
豊能町立たんぽぽの家

豊能町手をつなぐ親の会など保護者が開設した簡易通所授産施設を母体とするたんぽぽの家は、その創始の精神「利用者の自立生活をめざす」を大切に受け継いでいます。平成16年に当事業団が豊能町から運営委託を受け、平成24年1月からは、就労継続支援B型、生活介護のサービス事業所として運営していますが、今も職員一同「利用者さんの生活をより豊かに」という目標を心に強く抱いています。

施設運営

障害福祉サービス事業所「豊能町立たんぽぽの家」

利用者さんを紹介します

今月の利用者

新年会に行ってきました。

2013年01月16日

【利用者コメント】

「和食のさと」に行って、皆楽しんで盛り上がりました

美味しい物を注文し、美味しく食べました

皆、笑顔でした

また、行きたいですね

 

「和食のさと」では、皆で一芸の発表会をしました

ものまね、最高に面白かったです

私は、スマップの曲をいっぱい歌いました

スマップの曲、いっぱい知ってます

美味しい物を食べて、楽しかった

食べに行くっていいですね

これからも、楽しい時間を

皆と楽しく

豊能町立 たんぽぽの家

利用者 福田 理絵

ページトップにもどる