お知らせ

TOPICS一覧

ブランディング委員会 ワークショップ「私たちの強み~施設の年表から読み取る歴史と文化」を行いました。

2019年02月21日

 自分たちの歩んできた歴史を振り返り、強みやアピールポイントを発掘する表題のワークショップを2月21日、ブランディング委員や管理者など23人が出席し、池田三恵園の地域交流室で行いました。

 企業などのブランディングを行うFRANCERの井上昌子氏をコーディネーターとして迎え、進行。

 法人の12施設・事業所の委員が管理者や当時勤めていた職員などに取材し、各施設がどのような想いやニーズによって設立され、歩んできたのかを時系列にまとめ、集まった参加者に説明しました。

 説明を聞いた参加者は当時所属していた時はこんな想いを持って仕事をしていたなど補足したり、もう少し具体的に何のためにその事業をしていたかを書くことでアピールできるのでは?とアドバイスを送るなどして、委員が作成してきた歴史に厚みを持たせる意見を出し合いました。



 今後は作成した年表から浮かんできたキーワードを参考に各施設のストーリーをまとめ、その中の「柱」をミッションとして文字化していきます。

 自分たちの歩んできた道を再確認し、誇りを持って内外に発信し続けていくことで、人の心の中に浸透し、「困ったときは産経新聞厚生文化事業団に相談しよう」と信頼される法人を目指します。

ページトップにもどる