お知らせ

TOPICS一覧

産経新聞厚生文化事業団杯 第25回近畿車いすバスケットボール大会が行われた。

2019年02月03日

    産経新聞厚生文化事業団杯 第25回近畿車いすバスケットボール大会(兼天皇杯第47回日本車いすバスケットボール選手権大会近畿ブロック一次予選会)が2月2日、3日の2日間、大阪市此花区にあるアミティ舞洲で行われ、近畿の各府県から集まった4チームが総当りで熱戦を繰り広げた。

 来年、東京パラリンピックが開催され、いっそうの盛り上がりを見せる車椅子バスケット。男女ともに日本代表候補が近畿の各チームから多数輩出されており、来年への期待が膨らむ。そんな中、昨年の大会から女子選手が参加し、混合チームとしての出場が認められ、今年から、健常者も参加し、チーム出場が可能となった。

    

(白熱する試合の様子)

    昨年10連覇を達成した神戸STORKSと混合チームで挑んだ伊丹スーパーフェニックスが全勝同士で最終戦を迎え、伊丹スーパーフェニックスが77対38で初優勝を果たした。

優勝した伊丹スーパーフェニックスのメンバー
(優勝した伊丹スーパーフェニックスのメンバーのみなさん)

   1位の伊丹スーパーフェニックスと2位の神戸STORKSは4月6日、7日に開かれる西日本2次予選会に進み、上位3チームに勝ち残れば、5月11日、12日東京で行われる天皇杯日本車いすバスケットボール選手権大会に出場する。

 対戦表

資料ダウンロード

ページトップにもどる